農作業とメルカリと猫たちをおびき寄せていた朝だった

今日の朝は雨が降っていなかったので農作業をすることにしました。

私はいつも朝しか農作業をせず、その時に雨が降っていたらしないことにしています。

洗面所で髭を剃ったら玄関に向かうのですが、そこでいつも外に出たがる猫が待ち構えていたので軽く外に出してやりました。

猫を室内に戻したら草取りをしますが、もう私が育てている作物は立派に育っているので収穫までもうしなくていいような気がします。

最近は雨がよく降っているのでもうずいぶんと水やりもしていません。

8月は毎日のように水やりをしていたので隔世の感があります、と言ったら大げさでしょうか。

家に戻ったら部屋に掃除機をかけ、入浴したらメルカリに本を2冊出品します。

どちらも2000円以上で出品したのですが、絶対売れないだろうと思っていた硬派な本が今日の夕方に売れたので驚きました。

私がどんなにいらないと思った本でもこの世界の誰かは欲しがっているのかと思うとロマンを感じます。

その後は自室で仕事をしていたのですが、我が家の2匹の猫が私の部屋の中を走り回ったり物がたくさん置いてあるところをがさごそと探検していました。

特に小さい方は好奇心が旺盛なようでタンスや棚の上に登ってそこにあるものに興味を持ち、そこから落としたりするとたまりません。

どうしたものかと思ったら妹が来て猫を連れて行こうと私の部屋の戸から猫を引きつけるように手を動かしたり口を鳴らしたりします。

しかし、猫たちは不思議なもので2匹揃ってじっとそちらを見るのですが動こうとはしません。

どうするのかと見ていたら2匹とも私のベッドの下に隠れてまた妹の方に注目しています。

見てられなくなって以前妹から受け取った猫のおもちゃを出して振ると小さい方が出て来たので妹の方へおびき寄せてそのおもちゃを渡しますが、妹がいくら振ってもその手前から動きません。

もういいかと思ったので私がその子を抱いて妹に渡し、そうしたら暫くしてから大きい方の猫も部屋を出て行きました。

そして私はやれやれと思いながらまた仕事に戻った、という朝でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です