早起きは本当に作業効率が上がるのかどうかよくわかりません

早起きは健康にも良く、また仕事の作業効率が高まると言われています。

仕事が速い人や成功している人の多くは、早起きの人が多いようです。

私は在宅で仕事をしています。

私も今まで何度か早起きを実践してみましたが、あまりうまくは行きませんでした。

というのも、私が住んでいる場所では朝早くから行動している人が多いので、どうしてもその雑音が気になってしまいます。

隣の会社は朝3時から活動していますし、前の会社も早い時は朝5時台に出勤してくる人がいます。

午前6時台になると、重機のエンジン音がずっとしていることもあります。

また、幹線道路が近くにあるので、早朝から車の音が気になってしまうこともあります。

住宅街に住んでいないのと、意外と早朝から活動している人が多いので、せっかく早起きをしても、仕事に集中できずに、かえってイライラしてしまうことが何度もありました。

また、朝から来訪者があることもありますし、午前9時以降は宅配便や電話などが鳴ることもあります。

そのため、朝はあまり集中して作業ができないことが分かり、今では夜間を中心に仕事をするようになりました。

もっとも静かな時間帯が午後9時頃から午前2時くらいまでです。

時々、この時間帯でも賑やかな時もありますが、それはめったにないので、やはりこの時間帯が一番集中できます。

正直なところ、午前0時を過ぎてくるとかなり疲労が溜まり、眠くなってきます。

そのため、休息を取りながら作業を続けています。

ゴールデンタイムと呼ばれる午後10時から午前2時までは睡眠を摂ったほうが良いことは分かっているのですが、今の環境ではなかなか改善していくのが難しいかもしれません。

私は家事もやっているので、特に昼間は家事が優先されてしまいます。

以前は昼間に仕事をしていたこともありますが、何かと中断されてしまい、集中できません。

また、家事の合間に仕事をやっている状態になってしまうため、じっくりと腰を落ち着けて仕事をすることができないので、あまり効率が良くないことが分かりました。

人にはそれぞれの事情があるので、あまりステレオタイプにならずに自分だけのライフスタイルを見つけて言ったほうが良いのではないかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です