今期も不振ジャイアンツ高橋由伸監督の後任人事を考えてみる

プロ野球のペナントレースも終盤になってきました。セ・リーグはカープの一強状態で、昨年初めてクライマックスシリーズ進出を逃したジャイアンツも現在3位にいますが2位以下はかなりの混戦で予断を許さない状況になっています。そんな中ジャイアンツの山口オーナーの口から高橋由伸監督が来シーズンも続投することを望んでいる趣旨の発言がありました。前任の原監督の退任時、野球賭博問題などもあり、監督のなり手もなかったのか、まだまだ現役で行けそうだった高橋由伸に白羽の矢が立ちました。当時の監督就任の状況から就任当初は同情的なファンの視線がありましたが、ここ数年の成績不振もあり、ファンの間には監督交代の意見が大多数を占めています。確かに今のジャイアンツの試合ぶりをみて全然勝とうという意思を感じないのも確かです。高橋監督からもやる気のようなものも感じられませんので、早めに交代させた方がチームのためにも本人のためにもいいのではないでしょうか。そこで、後任の監督はいったい誰が適任か考えてみます。まず初めに名前が出てきそうなのは松井秀喜氏でしょう。ファンからは待望論もかなりありそうですが、現在ヤンキースのGM特別アドバイザーという肩書があり、これまでの言動などからもジャイアンツの監督になることは残念ながらまずないだろうと思われます。次に名前が挙がってきそうなのが、ジャイアンツの監督人事のたびに名前のでる江川氏や中畑氏といった面々でしょうか。彼らもずいぶん長い間監督候補として名前が挙がっていますが、今更という感じも否めません。年齢的にも現在の他チームの監督の年齢などを考えると可能性は低そうです。そうなると現実的な線では内部昇格でしょうか。斎藤雅樹投手コーチは2軍監督時代に優勝経験もありますし、2軍監督を務める川相氏の一軍監督昇格という線もありそうです。しかし、現在のコーチ陣にも成績低迷の責任の一端はありますので対外的にあまり新鮮なイメージはありません。そこで実は後任人事の本命なのではないかと考えるのが、阿部慎之助です。監督就任となれば現在の高橋監督同様引退後即就任という事になり、経験面ではマイナスかもしれませんが、阿部選手の持つキャプテンシーはかなり魅力的です。高橋監督はどちらかというと選手時代から孤高の天才というイメージがあり、率先してチームを引っ張るという感じではありませんでしたが、阿部選手はそれとは真逆の印象があります。絶頂期も最近の低迷期も知っている阿部選手こそが後任監督にふさわしいのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です